軽に取付可能な回転チャイルドシート(ベルト固定編)2018

ISOFIX固定が主流になりつつありますが、まだまだシートベルト固定のチャイルドシートもたくさんありますし新しい商品が出ています。

ベルト固定のチャイルドシートはISOFIX固定と比べて安いですが、その分取付ミスが多いので取付の際にはしっかり確認しましょう。

エールベベ クルット4s

グレード グランス プレミアム
価格 64798円~  59300円~
カラーバリエーション 全3色  全2色
シート素材 メッシュ素材 
サンシェード 〇(LLサイズ)  〇(Lサイズ)
シート洗濯 洗濯機で洗える 
その他特徴 充実した保証はエールベベのみ 
良い点
  • 製品の保証期間が4年
  • 交通事故の際にはチャイルドシート新品と無料交換してくれる(※保証期間4年)
  • チャイルドシート見舞金保証(交通事故の際、死亡1,000万円、重度後遺症最高2,000万円の見舞金を給付。※保証期間1年)
  • サンシェード付き
  • リクライニングと回転の操作が簡単
  • ベッド型になる
  • クッションは洗濯機で洗える
  • シートベルトでもしっかり固定しやすい構造
  • 安心の日本製
マイナス点
  • 値段が高い
  • サンシェードが不要な人にとっては余分なオプションになってしまう

充実した保証と使いやすさが魅力のチャイルドシートです。

使い勝手だけでなく、エールベベはカー用品メーカーなのでその安心感から購入する決め手になる人も多い人気メーカーです。

各商品の違い(グランスとプレミアム)

取付車種の確認はこちら icon-arrow-right 車種別適合情報 icon-external-link 

クルット4s グランス

クルット4s プレミアム

コンビ クルムーヴスマート エッグショック

グレード JG-600 JG-550
価格  39800円~ 43198円~
カラーバリエーション  全2色 全3色
シート素材 メッシュ素材  ふわふわクッション
サンシェード 〇(サイズ:大)  〇(サイズ:標準)
シート洗濯 手洗い
その他特徴 エッグショックはコンビ製品のみ
良い点
  • エッグショックで衝撃と振動を吸収するので安心
  • サンシェード付き
  • リクライニングと回転の操作が簡単
  • ベッド型になる
  • 回転チャイルドシートの中では軽量
  • 他メーカーと比べると値段が安め

エッグショックはお店で体感することができますが、やっぱりクッション性が違って安心感があります。

マイナス点
  • サンシェードが不要な人にとっては余分なオプションになってしまう
  • インナークッションは手洗いのみ(洗濯機不可)

コンビもベビー用品で人気メーカーなので、上記のエールベベとコンビのどちらかで迷う人が多いです。

商品的には双方良い所が違うので実際に商品を見て触って、サイズ感も確かめて選びましょう。

各商品の違い(ベルトタイプのJG-600・JG-550)

取付車種の確認はこちら icon-arrow-right コンビチャイルドシート取付確認車種リスト icon-external-link 

コンビ クルムーヴスマート エッグショック JG-600

コンビ クルムーヴスマート エッグショック JG-550

コンビ ネルーム lite EF

価格 31900円~
カラーバリエーション ダークブラウンのみ
シート素材 メッシュ素材
サンシェード ×
シート洗濯 手洗い
その他特徴 エッグショック無し

こちらは上記コンビのクルムーヴシリーズからエッグショックとサンシェードが無くなったタイプになります。

その分値段も安くなるのでコンビシリーズの購入を検討していて、エッグショックとサンシェードがなくてもいい人はこちらがおすすめです。

取付車種の確認はこちら icon-arrow-right コンビチャイルドシート取付確認車種リスト icon-external-link 

アップリカ クルリラAC

価格 55080円~
カラーバリエーション 全3色
シート素材 メッシュ(三次元スプリング構造体ブレスエアー)
サンシェード
シート洗濯 シートによって手洗い・洗濯機分かれる
その他特徴 ISOFIXとシートベルトどちらでも固定可能
良い点
  • 軽自動車に取付だと他メーカーと比べても一番コンパクト
  • 側面衝突に強いつくり
  • ISOFIXとシートベルトどちらでも固定可能

ISOFIXとシートベルトどちらでも固定できるので追々車の買い替えを検討している人は良いですね。

マイナス点
  • 値段が高い
  • サンシェードが短いため役に立たない
  • イス型なので首がすわってない新生児には苦しく感じさせてしまう(長時間運転には不向き)
  • 中国製なので気になる人には不向き
 

コンパクトなので軽自動車により圧迫感はないですがマイナス点が気になるところ。

マイナス点を気にしないかは個人差があるので検討してみてください。

↓動画は1つ古いバージョンですが、クルリラACと内容は一緒です。

取付車種の確認はこちら icon-arrow-right アップリカ取付確認車種確認ページ icon-external-link 

どの商品を買えばいいか分からないあなたへ

高い買い物だし、メーカーによって一長一短なので選び方が分からなくなってしまいますよね。

たくさん悩んで決めたのに自分の車と適合しなかった・・・なんてことにもなるので下記の手順に沿って徐々に絞って自分たちにピッタリなチャイルドシート選びをしましょう。

  1. チャイルドシートの候補をあげる
  2. 取付車種確認表を見て自分の車に取付けできるチャイルドシートに絞り込む
  3. ISOFIX固定タイプorベルト固定タイプにするか考える
  4. 回転タイプ、各商品の特徴、予算、使用環境を考えて自分にあった商品を選択する

回転式チャイルドシートに関する記事のご紹介

回転式チャイルドシートを買おうか悩んでいる人へ

2018年1月20日

軽に取付可能な回転チャイルドシート(ISOFIX固定編)2019

2018年1月19日

側面衝突に強いR129(i-Size)対応回転チャイルドシート2019

2018年1月18日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください