側面衝突に強いR129(i-Size)対応回転チャイルドシート2019

このページでは安全性重視=最新の安全基準「i-Size」対応の回転チャイルドシートを紹介していきます。

  1. i-Sizeって何?
  2. R129って何?
  3. ISOFIXとの違いは?

などなど色々不明点をまとめました!

i-Size対応の回転チャイルドシートも紹介してます。

新安全基準R129(i-Size)とは?

前面・後面衝突だけでなく側面衝突試験に合格したチャイルドシートのこと

日本ではこの新安全基準(R129)が一番最新で安全性が高いものと言われています。

商品説明欄には新安全基準のことをR129またはUN-R129またはi-Size(アイサイズ)と表記されています。

i-Sizeの固定方法はISO-FIXのみ。シートベルトの取付は出来ません。

取付方法の動画です。ISOFIX固定って簡単なんです👌✨

ISOFIXがあることで

  1. 取付ミス
  2. 装着も簡単

なんです😉

シートベルト固定のチャイルドシートを私自身経験しましたが、

まみこ
しっかり装着できたかよく分からない…

ってなるんで、取付ミスなのに自分で気付けない状況に陥りやすいです。

2012年7月以降の車にはISO-FIXの取付具がついてるので、もし車にISOFIX取付具が付いている場合は安全面も踏まえてISOFIXチャイルドシートが本当におすすめです!

アイサイズ対応はまだ少ない、けどこれから増えます

今世に出ているチャイルドシートでi-Size対応チャイルドシートは

  • 2018年始めでは2社
  • 2019年初めには6社

に増え、発売されています。

ほとんどが海外メーカーばかりですが、今後は日本のメーカーもどんどん増えていくでしょう。

万が一事故に遭った時に可愛い我が子を守ってもらうには、より安全なチャイルドシートの方がいいですよね。

i-Size対応のチャイルドシートはこんな人におすすめ

  • 安全性を重視したい
  • よく車を使用する

交通事故でも側面衝突事故が全く起こらない可能性はゼロではないですよね。

大人よりも赤ちゃんはより柔らかくて衝撃にも弱いです。

もしもの時に備えておくだけでも大事な我が子の命を救える可能性は高くなりますので、特に車を頻繁に使う人は高くても検討する価値はあるかと思います。

カトージ ヌナ レブルプラス(nuna Rebl PLUS)

価格 48600円~
カラーバリエーション 全2色(キャビア・アスペン)
シート素材の通気性 メッシュ素材
サンシェード ×
シート洗濯 手洗い
その他特徴

洗い替え用にカバーが付属

夏用にメッシュシートが付属

良い点
  • 値段が安め(48600円~)
  • 回転する
  • メッシュシートと洗い替えカバーが付属

アイサイズ対応チャイルドシートで一番安いです。

回転する・リクライニング7段階・ヘッドレスト調整7段階・通気性◎・安全性◎

必要な機能は揃ってて十分使えます。

まみこ
すごくシンプルな分、他社製品と比べて安い印象です
マイナス点
  • 特別に便利な機能が無い

赤ちゃんを乗せたまま移動できる(トラベルシステム)、シートが洗濯機で洗える、サンシェード付き

といった便利機能が無いのが特徴であり、人によってはマイナス点です。

カトージ レブルプラスはこんな人にオススメ

  • 側面衝突も守ってくれるチャイルドシートがいい
  • 回転機能が欲しい
  • 特別便利な機能は要らない
  • 安さ重視
  • どれがいいか迷っている人

余計な機能は要らない分、安くていいから安全面だけはしっかりしたい!

を叶えてくれるチャイルドシートです。

安いチャイルドシートって大丈夫なの?と思ってしまいますが、新基準のR129(側面衝突)対応ですからね!

他社製品の回転チャイルドシートでも6万以上するのに、新基準を満たしていないものってまだたくさんあります。

安いのにレブルプラスの方が安全なんです。

あなたの車に取り付けられるか確認はこちらicon-arrow-right  カトージ車種適合表(pdf)

取扱説明書(pdf)

カトージ公式サイト

全品5%引きで購入できます。

カトージオンラインストアはこちら↓

アップリカ クルリラプラス

価格 60480円~
カラーバリエーション スーペリアレッド  のみ
シート素材 通気性◎のシート(ブレスエアー)
サンシェード
シート洗濯 シートによって手洗い・洗濯機分かれる
その他特徴 側面衝突対応は唯一の国内メーカー
良い点
  • マシュマロ Gキャッチで頭部の安全を守る
  • 快適性も重視された構造
  • 通気性良しの肉厚&体圧分散シート
  • 広めのシート幅
  • 唯一の国内メーカー
  • 回転する

頭部のクッション性は側面衝突対応チャイルドシートの中でもNo.1だと思います。

また、安全性だけでなく、赤ちゃんの快適性を重視した構造ということで、さすがベビー用品専門メーカーですね。

海外製品も悪くないですが、シートの厚みが薄くて固そうっていうメーカー結構あります。

クッションが肉厚でしっかりしているので快適性と安全面も安心です。

側面衝突対応のチャイルドシートは海外製品ばかりですが、アップリカは唯一の国内メーカーになります。

マイナス点
  • 価格が高い

オススメNo.1のカトージ ヌナ レブルプラスよりは値段が上がります。

ただその分快適性が充実しているのでしょうがないかな、と感じます。

アップリカ クルリラプラスはこんな人にオススメ

  • 側面衝突も守ってくれるチャイルドシートがいい
  • 回転機能が欲しい
  • 安さ重視
  • 国内メーカーがいい
  • 赤ちゃんの快適性を重視したい

安いけどちょっと良いチャイルドシートにしたい場合はクルリラプラスが良いと思います。

またアップリカ製品で検討しているならフラウディアグロウと比較してみるのもいいと思います。

個人的にはフラウディアグロウのマイナス点がかなり気になるので、クルリラプラスの方が実用的だと思います。

あなたの車に取り付けられるか確認はこちら icon-arrow-right アップリカ公式取付可能車種確認 icon-external-link 

レカロ ゼロワンセレクトR129(RECARO ZERO.1 Select R129)

価格 64800円~
カラーバリエーション レッド・ブルーの2色
シート素材の通気性 メッシュ素材ではない
サンシェード
シート洗濯 手洗い
その他特徴

集中インジケータで取付確認ができる

良い点
  • しっかり取付できているか、ひと目でわかる(集中インジケータ)
  • サンシェードが大きい
  • イス型にすることで衝撃を背中で受け止める
  • 回転する

R129適合チャイルドシートで唯一、取付確認がひと目で分かる機能がついています。

1台でずっと乗せっぱなしの人にはあまり必要ない機能かもしれませんが、

別の車にチャイルドシートを付け替える生活スタイルの人はしっかり装着できてるか分かりやすくて良いと思います。

イス型チャイルドシートは赤ちゃんが苦しそう…と思われがちですが、実は安全性がUPする着用方法なんです💡

赤ちゃんの背中もCカーブという、真ん丸の形をしているので逆に安心する座り方だったりします。

マイナス点
  • メッシュ素材ではないので通気性悪い
  • 値段が高い(64800円)

機能は十分ですが通気性の悪さが欠点となります。

ただここ最近の夏は本当に暑いのでメッシュ素材でも汗をかきますしシートに染み付きます。

赤ちゃんを乗せるときに冷房で車内環境を快適にしておけば問題ないです👌

すごく機能がいいチャイルドシートですが、値段も高めです。

レカロ ゼロワンセレクトR129はこんな人にオススメ

  • サンシェード付きがいい
  • 他の車に付け替えをする予定がある
  • レカロ製品が好き・かっこいい

デザインが結構派手なので人によって好みが分かれると思います。

頻繁に別の車に付け替える際には、取付がしっかり出来ているかひと目で分かるので(集中インジケータ)あると便利です。

カトージ レブルプラスより高くてもいいから機能面を充実したものが欲しい!という人向けにオススメです。

 

カタログを見るとよりゼロワンセレクトの事について分かります icon-arrow-right レカロ ゼロワンカタログ(pdf)

あなたの車に取り付けられるか確認はこちら icon-arrow-right レカロ車種適合表(pdf)

説明書はこちら icon-arrow-right ゼロワンセレクト説明書

レカロのチャイルドシートが販売終了!在庫限りになります

レカロが2018年でチャイルドシート事業から撤退を発表しました。

良い製品が多かったのに残念ですね😢

販売しているものもそのうち無くなって販売終了になるので、レカロのチャイルドシートがいい!という人はお急ぎを!

ベビーザらス公式サイト

楽天・Amazonでは在庫なしと出ている場合もあるようです。

ベビーザらスでも販売しているのでリンク載せておきます。

レカロ ゼロワンエリートR129(RECARO ZERO.1 ELITE R129)

価格 86398円~
カラーバリエーション ブラックのみ
シート素材の通気性 メッシュ素材ではない
サンシェード
シート洗濯 手洗い
その他特徴

トラベルシステム付きはレカロ01エリートだけ

良い点
  • トラベルシステムがある
  • 回転する
  • 併用できるベビーカーはコンパクトに折りたためる

側面衝突対応チャイルドシートで唯一トラベルシステム付きです。(画像下)

トラベルシステムは使える期間は短いですが、赤ちゃんが小さいうちこそ大変なので大助かりなアイテムです⭐

ベビーカーは折りたたむとかなりコンパクトになるので、車の場所を取らないのは良いですね。

マイナス点
  • 値段が高い(86398円~)
  • ベビーカーと併用するならアダプタセットの購入が必要

新生児のうちはトラベルシステムで活躍し、大きくなると回転チャイルドシートとして使用できるので多機能です。

便利すぎるがゆえに結構なお値段します。

値段が少し高くても便利を優先したいなら、一番おすすめチャイルドシートです😀

レカロ ゼロワンエリートR129はこんな人にオススメ

  • トラベルシステム付きのチャイルドシートがいい
  • ベビーカーはコンパクトに折りたためるのがいい
  • レカロ製品が好き
  • 値段が高くても安全と便利さを優先したい

ベビーカーもセットで購入するとなると値段が高いですが、安全ですごく便利なのは間違いない!です😉

新生児期に頻繁なお出かけをする人は大助かりする機会も増えるので、検討してみてはいかがでしょうか。

ゼロワンセレクト同様、ゼロワンエリートもチャイルドシート販売終了となり在庫限りになります。

 

カタログを見るとよりゼロワンエリートの事について分かります icon-arrow-right レカロ ゼロワンカタログ(pdf)

あなたの車に取り付けられるか確認はこちら icon-arrow-right レカロ車種適合表(pdf)

説明書はこちら icon-arrow-right ゼロワンエリート説明書

ベビーザらス公式サイト

ゼロワンエリートはベビーザらスのみの販売となります。

公式サイトはこちらです↓

マキシコシ アクシスフィックスプラス(MAXI-COSI  AXISSFIX PLUS)

価格 64798円~
カラーバリエーション 全11色
シート素材 6000円(税別)で夏用シートに変更
サンシェード 5500円(税別)で追加可能
シート洗濯 洗濯機で洗える
その他特徴 回転式だけど低重心
良い点
  • 回転式なのに低重心
  • シートが洗濯機で洗える
  • サポートレッグが無いので足元がスッキリする

回転式チャイルドシートはどうしても重心が高くなりがちです。

安全性を考えると低重心の方が安全です。

アクシスフィックスプラスは回転チャイルドシートの中でも低重心なので、

  • 安全性UP
  • コンパクトカーでは車内が狭くなりにくく
  • ミニバンやSUVなどの座面の高い車では、乗せ降ろしがしやすくなる

というメリットがあります。

サポートレッグは回転チャイルドシートによくあるのですが、固定するために必要なバーで足元にあります。

大きな車の場合あまり気にならないかと思いますが、小さめの車の場合サポートレッグって結構邪魔です。

私自身経験があるのですが、入るはずの荷物がサポートレッグのおかげで入らないことも結構ありました😓

アクシスフィックスプラスはトップデザーアンカーと呼ばれる席の後ろ側に吊って固定する方式のため、足元のバーが無くなった分スッキリします。

マイナス点
  • 値段が高い
  • シート素材を夏用にしたい場合とサンシェードは追加料金が発生する
  • 頻繁な付け替えに向いてない
  • 頭部のベルトが邪魔になる

足元の固定が無くなった分、頭部にベルトが付くので隣で赤ちゃんをあやしたい場合は邪魔になってしまいます。

足元に固定したいかどうか好みになってしまいますね。

マキシコシ アクシスフィックスプラスはこんな人にオススメ

側面衝突対応チャイルドシートで唯一、低重心設計なので特に車高が高めの人は便利だと思います。

実際私はトヨタのタンクに乗っていますが、乗せづらいです(他社回転チャイルドシート使用)

低重心だと子供を持ち上げるときに楽だろうなと感じます。

あなたの車に取り付けられるか確認はこちら icon-arrow-right マキシコシ車種適合表(pdf)

まとめ

現在回転式チャイルドシートでi-Size対応は2社しかありませんが今後はどんどん増えていくと思います。

チャイルドシートって色々あるし高い買い物になりますが、我が子の命を守るための物。

どんな育児グッズよりもお金を掛けるべきものかもしれませんね。

どのチャイルドシートを選んでも、4歳以降は買い替えが必要になります。

1台当たりも良いお値段なので、今後の買い替えも踏まえて購入を検討してみてください😉

回転式チャイルドシートに関する記事のご紹介

軽に取付可能な回転チャイルドシート(ベルト固定編)2018

2018年1月23日

回転式チャイルドシートを買おうか悩んでいる人へ

2018年1月20日

軽に取付可能な回転チャイルドシート(ISOFIX固定編)2019

2018年1月19日

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください