回転式チャイルドシートを買おうか悩んでいる人へ

チャイルドシートの中でも回転するタイプは人気があります。

私も購入を検討していた時は

  • なんとなく便利だろうな~
  • 腰痛対策に良さそう

と考えて選んでいました。

ホントのところ回転式のメリットとデメリットは何?

双子の場合は2つ乗せるの?(乗るの?)

おすすめのメーカーはどこ?

等々疑問点を徹底的に調べたのでご紹介します。

回転式チャイルドシートのメリット

メリット
  • 乗せ降ろしが楽
  • 中腰になる時間が少ないため腰痛に優しい
  • 機能が充実している

回転式チャイルドシート=お母さんが楽できるようになり、子供が快適に過ごせるように工夫されています。

次はメリットについて細かく説明していきます。

乗せ降ろしが楽

シートをくるっとママの方に回転させてドアからそのまま乗せ降ろしが出来ます。

ハーネス(子供用シートベルト)も向き合って装着することが出来るので、泣いて暴れている時は特に楽に感じます。

また、寝ている時も起こさずに降ろすことが出来ます。

中腰になる時間が少ないため腰痛に優しい

特に車の天井が低い車は乗せ降ろしとハーネス装着に中腰を強いられるため腰に負担が掛かります。

子供も段々と重くなるので抱きかかえながら中腰は腰痛の人にとっては地獄ですよね。

機能が充実している

メーカーやグレードによって様々ですが、

  • 日よけ付き
  • リクライニング機能がある(赤ちゃんが寝る体制になれる)
  • シートが洗える、蒸れない素材
  • 熱がこもらないようにファンがついてる

といったようにメーカーによって様々ですが回転だけでなく他の機能がついている場合が多いです。

人によって必要かどうかは生活スタイルで分かれますが、あると便利だったり運転中に赤ちゃんが快適で寝つきやすいので双子育児にとってはありがたい機能ですね。

回転式チャイルドシートのデメリット

デメリット
  • 値段が高い
  • 大きくて重たい
  • 安全性は固定式より劣ってしまう

便利な回転式チャイルドシートですが、デメリットもあります。

デメリットを踏まえたうえで購入を検討しましょう。

値段が高い

一部のメーカーを除いてほとんどが4万以上するものが多いです。

双子専用のチャイルドシートという物はないので、チャイルドシートを2つ購入する必要があります。

2台購入となるとかなり高額になるので使用頻度も考えて検討しましょう。

大きくて重たい

1つあたり平均12~14kg程の重さで、回転の土台が必要なため大きいです。

なので1回装着したら別の車に移動させるのは毎回大変なので、チャイルドシートを頻繁に移動させたいと考えている人はオススメできません。

安全性は固定式より劣る

  1. 座面が高い(回転の土台があるため)
  2. チャイルドシートが重たい

これらの理由により衝突時に子供への衝撃が固定式よりかは強くなると言われています。

ただし、座面が高い問題については回転台があっても低めの設計になっているメーカーもあります。

メリット・デメリットを踏まえた疑問点

【疑問1】回転式チャイルドシートは安全なのか?

回転式=安全ではない と感じてしまうかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

  • 安全基準を満たしたチャイルドシートを選ぶ
  • 正しく装着する

これらをちゃんと満たしていれば回転式チャイルドシートを購入してもいいと思います。

 icon-hand-o-right POINT① 安全基準マーク(Eマーク)がついているか

国土交通省HPより引用 icon-external-link 

国土交通省の安全基準にクリアしたものには上記のようにマークがついています。

このマークがついていると、前面と後面の衝突に対して安全基準をクリアしたチャイルドシートということになります。

 icon-hand-o-right POINT② さらに安全性を重視したい人はi-Sizeのチャイルドシートを選ぶべし

i-Sizeのチャイルドシートとは?

Eマーク(前面・後面衝突の安全基準)にプラスして側面衝突試験に合格したチャイルドシートに付けられるマーク

i-Sizeは新しい安全基準なのでまだまだ基準を満たしているチャイルドシートは少ないです。

商品説明欄にはi-SizeのことをUN-R129と表記されています。

注意

  1. 固定方法はISO-FIX固定のみ
  2. 車種もi-Sizeの装着に対応した車種

になります

 icon-hand-o-right POINT③ ISO-FIX固定のチャイルドシート・車にする

ISO-FIX(アイソフィックス)とは?

シートベルト固定は約半数以上の人が取付ミスしていることから、チャイルドシート本来の安全性能を発揮出来ていないことがあります。

2012年7月以降に販売されている車にはISO-FIXチャイルドシートの取付具が必ず装着され、取付方法が簡単・しっかり固定することが出来ます。(2012年7月以前に販売されている車もあります)

国土交通省 チャイルドシート安全比較BOOKより引用(pdf)

ということで、あなたの車にもISO-FIXの取付具があるか確認してみましょう。

ただし、ISO-FIX対応のチャイルドシートはシートベルト固定のものよりも値段が高いのでご注意です。

 icon-hand-o-right POINT④ それぞれの車種に適合したチャイルドシートを購入しよう

チャイルドシートが販売しているお店には必ず「車種別チャイルドシート適合表」というような冊子があります。

購入を検討しているチャイルドシートは自分の車に取り付けることが出来るか、どの席に取付可能かを確認しましょう。

各メーカーのホームページでも調べることが出来るのでインターネットで購入を検討している方は調べてみましょう。

 icon-hand-o-right POINT⑤ 後部座席に装着する

助手席ですと万が一事故が起きた場合、エアバックが子供を圧迫して危険なので必ず後部座席に取り付けましょう。

 icon-hand-o-right POINT⑥ 正しく装着する

ISO-FIXでもシートベルトでも必ず添付の説明書通りに正しく固定しましょう。

本来のチャイルドシートの安全性を発揮することが出来ます。

折角わが子の安全のために高いお金を払って買ったものなので正しく取り付けたいですよね。

【疑問2】軽自動車に回転式チャイルドシートを2つ乗せても回転するのか?

答えは、メーカーによってはコンパクトなものがあるので軽自動車に2つ乗せても回ります。

ただし、チャイルドシート2つ同時に回転は出来ない可能性があります。

なので軽自動車+回転チャイルドシートの場合、1人ずつならちゃんと回転ができますよ。

ただし適合車種リストをしっかり確認して購入しましょうね!

回転式チャイルドシートはこんな人におすすめ

  • 安全性も大事だけど便利さも重視したい
  • 子供も快適になることで泣くのを出来るだけ防ぎたい
  • 腰痛持ちである
まみこ
車を使う頻度が高い人や長距離移動が多い人は特に活躍できるね

おすすめ回転チャイルドシート

タイプ別にまとめました。以下の記事から選んで飛んでください。

あなたにとって最適なチャイルドシートが見つかりますように😊

軽に取付可能な回転チャイルドシート(ベルト固定編)2018

2018年1月23日

軽に取付可能な回転チャイルドシート(ISOFIX固定編)2019

2018年1月19日

側面衝突に強いR129(i-Size)対応回転チャイルドシート2019

2018年1月18日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください