【ブログ】入院生活は点滴との戦いだった(切迫早産入院2〜5日目)

人生初の切迫早産の入院生活は暇だけど結構辛い!

でも出産したらこんな贅沢な時間の使い方は出来ないので満喫します(*´꒳`*)

だいたい毎日同じような生活で日々過ごしています。

色々体験したこと、感じたことを書き残していきたいと思います。

【ブログ】双子妊娠で切迫早産!通院からの入院1日目の続きとなります。

切迫早産の入院生活の参考になれたら嬉しいです。

 

切迫早産の入院生活はどんなスケジュール?

  • 7時→起床
  • 7時15分→赤ちゃんの心拍確認
  • 7時30分→朝食
  • 8時30分→NSTで赤ちゃんの心拍とお腹のハリを確認・血圧測定
  • 9時半→診察(膣洗浄と子宮頸管の長さ確認、週に1回妊婦健診)
  • 12時→昼食
  • 13時30分→赤ちゃんの心拍確認
  • 18時→夜ご飯
  • 19時半→赤ちゃんの心拍確認
  • 22時→就寝

他の空き時間は横になって休む・寝る・シャワー浴・面会など自由に過ごします。

空き時間が多いので暇つぶしグッズは必須です。

張り止め副作用の行方

  • 点滴開始1日目→手の震え・動悸・頭痛・熱・めまい・涙が出てくる
  • 2・3日目→手の震えや動悸があるものの、徐々になくなってくる
  • 4日目→ほとんど何も症状が無し

看護師さんが言っていましたが、身体が点滴に慣れてきて3日程度で症状が気にならなくなるようです。

ただ、個人差があるみたいですね。

切迫早産の辛さの9割は点滴である

点滴のココが辛い
  • 副作用に慣れるまでが辛い
  • 24時間点滴。針が刺しっぱなし
  • 針が刺さってる場所が痛い・常に異物感
  • 利き手に針が刺さっていると全てが不自由な生活になる
  • たまに針がズレて青アザ、腫れたりすると痛い
  • 針を刺すのが失敗される事もあって痛い
  • 常に点滴と行動を共にしなければいけない

24時間点滴。針が刺しっぱなし

切迫早産=24時間点滴耐久レースのようなものでした。

点滴をした事があっても今まで辛いと思ったことは無かったですが、今回は毎日点滴が外れる事を心から願っていました。

針が刺さってる場所が痛い・常に異物感

針が上手く刺さっているとは言ってもやっぱり少し痛いですし、針を刺すのが成功しているのかどうかの判断が難しいです。

個人的に痛いと思ってても看護師さんは「ちゃんと刺さってますね」って事もあるので判断に悩むんです。

常に異物感を感じて針が刺さっている腕を庇いながらの生活になります。

特にベッドから起き上がる時は腕の力を使うので極力使わないようにはしますが、ちょっと使うと痛みがあります。

利き手に針が刺さっていると全てが不自由な生活になる

ずっと同じ側の方で点滴しっぱなしだと血管が荒れる(傷む?)ようです。

なので今まで左側だった場合、次は右側に点滴することになります。

最初に点滴するなら利き手とは反対側の腕から点滴するのをおすすめします!!

特に入院3日頃までは副作用もあるので手が結構震えます。

点滴した方の手の方がより震えが強いので、利き手に点滴してしまうとご飯を食べるのもかなり時間がかかって苦労します。

たまに針がズレて液漏れ、青アザ、腫れてると痛い

手を動かしてしまうと液漏れのリスクは高くなるようですが、点滴している側の手を全く使わないというのは難しいですね。

針がずれたりしてうまく刺さっていない判断が素人だとなかなか難しいですし、報告が遅れてしまいがちです。

でも痛いまま放置していると血管にダメージを与えてしまい、治りも悪くなります。

針を抜いた後もしばらく痛みが続きます。

針を刺すのが失敗される事もあって痛い

血管が細いなど特徴は人それぞれなのでこればっかりはしょうがないし我慢するしかないようですね。

同室の人は血管が細くて新人さんが4回刺し直ししても上手くいかず泣かせてしまったらしいです(*_*)

私もベテラン看護師さんでしたが3回失敗されたので、やっぱり難しいんだなあと感じました。

常に点滴と行動を共にしなければいけない

寝る・移動・トイレ・面会・シャワーどこでも一緒ですヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

何よりも寝る時が一番気になりました。

今時の針はシリコン製で折れないみたいですが(病院による)、変に動かすと痛いし気になるのでいつも通りの腕の使い方は無理でした。

点滴の刺し変えをできるだけ減らすには?

もし利き手とは逆の腕に点滴をしている場合、次の刺し変えは利き手になります。

できるだけ利き手には刺したくないものです。

また、刺し変えをすると次上手く刺してくれるか分からないので痛い思いをできるだけしない為に対策を聞いてみました。

刺し変えを減らす方法
  1. 針が刺さってる方はあまり動かさない
  2. シャワー浴は控えめにする(つい動かしてしまうので)

結論とにかく動かさない( ;∀;)

悲しいですが、これに限ります。

私も調子乗ってシャワー浴した瞬間針がズレて利き手に刺し変えになりました。

点滴が痛い時の対策

痛い時の対策
  1. 早めに痛い事を看護師さんに相談する
  2. 腕をクッションの上に置く
  3. 腕を動かさない
  4. できるだけチューブの重みを与えない
  5. 引っ張らない

痛い場合まず第一に看護師さんに相談しましょう。

もし針が上手く刺さってなかった場合どんどん炎症が広がって痛くなってしまいます。

我慢するよりも刺し直した方が痛くないです。

また、チューブが垂れ下がっていると刺した場所でチューブの重みを支えるような形になるので、写真のように引っ掛けたりして重力を与えないだけでも痛さは無くなります。

大した重さでは無いけど、特に矢印部分はチューブが重くなる原因なので痛い人は試してみて下さい。

看護師さんの熟練度って結構影響ある

看護師さんの熟練度を感じた点
  1. 点滴の針を刺す時の上手さ
  2. 赤ちゃんの心拍を測る時の上手さ
  3. どんと構えているような安心感・余裕のある対応

赤ちゃんの心拍を測る時に太いペンみたいなものをお腹にのせて測るのですが、

ちょうど心臓に近い位置じゃないと機械の性質上測れないみたいで新人さんは心臓を探し当てるのにかなり苦労してる印象がありました。

何日も入院していると私の方が心臓の位置を把握しているので教えてあげています(^^)

何事も経験値って大事だなぁと感じました。

総合病院の病院食は案外イケる

病院によるかもしれませんが、総合病院という事もあって料理は薄味で美味しくないだろうと思って期待してませんでした(^^;)

和食中心なのでピザとかサンドイッチとかは出なかったですが、普通に美味しかったです。

切迫早産の入院なので食事制限がないからかもしれません。

一部ですが今時の総合病院はどんなものかご紹介します。

朝ごはん

昼ごはん

夜ご飯

病院って意外とエアコン効いてて暑いし乾燥しすぎ!

特に寝ている時は喉がカラカラに乾いたり暑くて起きてしまいます。

枕元には加湿の為に濡らしたタオルを置いていますが、朝になるとカピカピに乾いてます(^^;)

あと唇も乾くのでリップクリームは必須です!

まとめ

  • 色々と面倒見てくれるので入院生活は安心だけど暇つぶしグッズは必要
  • 点滴の副作用は3日ほどで無くなる
  • 最初の点滴は利き手と逆の腕に打つのがオススメ
  • 点滴が痛い場合は早めに報告
  • 針の刺し直し防止方法は極力動かさない・負担をかけない

ほとんど点滴の話になってしまいましたが、本当に点滴メインの生活なんです。

入院して思うのはやっぱり入院せずに家で無事出産まで過ごせる事ですね!

あなたも切迫早産にならないように日頃無理せず気をつけて過ごして下さいね。

次回予告

入院7日目にして点滴卒業なるか?

まみこ、点滴の偉大さを知る

です(*´꒳`*)

次の記事はこちら↓

【ブログ】点滴卒業?張り返しとの戦い(双子切迫早産入院6日目)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください