【ブログ】張り返し来ず、退院。前編(双子切迫早産入院13日目)

張り止めの点滴を中止して症状次第では緊急帝王切開になるというドキドキの2日間でした。

しかし張り返しも落ち着き退院となりました。

点滴終了から退院までのスケジュールをまとめてみました!

前回の記事はこちらです↓

明日帝王切開で産まれるかもしれない(双子切迫早産入院12日目)

切迫早産の退院前診断スケジュール

退院前診断1日目
  • 9時:医師からスケジュール説明
  • 9時半:シャワー浴
  • 10時:点滴外す
  • 14時:帝王切開になった時のためにすぐに点滴開始できるよう、針だけ刺しておく
  • 15時:頃張り返しスタート
  • 16時:NSTで様子見
  • 17時:内診で子宮口の長さチェック
  • 20時:NSTで様子見
  • 22時:赤ちゃんの心拍数確認

もし帝王切開だった時は2日間は入浴禁止のためシャワーを浴びました。

折角点滴が外れて両手が自由だったのは4時間程…。

帝王切開になった時にすぐ点滴できるように針を刺すのですが、この針が太くて痛いんです(T_T)

針は太い方が痛いみたいですね!

ちょうど点滴を外してから5時間後には張り返しがやって来ましたが前回経験しているのでそこまで気にならず落ち着いて過ごせました(˘ω˘)

張り返しがおさまった時間

点滴外してから5時間後には3〜5分間隔

張り返し開始から3時間後には8分間隔におさまって来ました。

大した差ではないですが、体感的には結構張り返しに苦しむことが減って楽になりました。

張り返しの間隔よりも痛みや破水・出血が退院目安に

双子の場合、張りの間隔が短い(10分以内の間隔)のはしょうがないとのことで、

痛みなど異常がない場合は退院してもいいとの結果になりました。

まとめ

  1. 張り返しを乗り越えた段階で異常なしの場合はほぼ退院が決まっていた
  2. 緊急帝王切開用に刺した針が結構痛い

張り返しを乗り越えるまでは何が起こるか分からないため不安ですが、

今回はそれよりも刺さった針が気になってしょうがなかったです。

私はとことん注射系が嫌いなんだと実感させられました。

帝王切開する時にはまた刺すことになるんですけどね…(。-_-。)

注射や点滴が嫌いな人はご注意を!

まだ刺されますよ!(´;Д;`)

陣痛や手術と比べたら大した痛みじゃないと言い聞かせておりました。

後編はこちらです💕

【ブログ】張り返し来ず、退院。後編(双子切迫早産入院14日目)

2018年2月28日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください