【ブログ】双子妊娠で切迫早産!通院からの入院1日目

いつもと違うお腹のハリから一夜明け、

病院に電話相談→念の為通院→まさかの入院→張り止め副作用で大泣きダウン→久しぶりに旦那への感謝と愛を感じる …と言うお話です。

とりあえず1日色々ありました〜!

「双子妊娠で切迫早産!入院前日編」の続きになります。

ちなみに入院日はバレンタインデーだったので画像はバレンタインっぽく(*´꒳`*)

朝6時 病院に電話

朝起きて前日よりはお腹のハリがマシになったものの、やっぱり動くと張るのでとりあえず病院に電話しました。

病院に電話で伝えた内容
  1. 張って休んでも治りが悪い
  2. 動いてもすぐ張る
  3. 張りの間隔は分からない(測ってない)
  4. 痛み無し
  5. 出血無し
この時病院の看護師さんと先生の判断は

  • 双子だし33週なので何しても張りやすいため緊急性は無し
  • 診察が1週間後だったので、どこかで行けるタイミングで来院して欲しい

結局は診察しないと判断が出来ない、心配なら来てと言う返事でした。

今日行かないと何かあった時に後悔しそうだし、何もなければ安心して過ごせるよね、と考えて旦那には仕事を休んで通院することにしました。

朝9時半 通院人生初のNSTと子宮頸管18ミリ

※画像はハリが収まった後のNSTの様子

NSTと言う機械で赤ちゃんの心拍とお腹の張りをリアルタイムで様子を印刷してくれる機械です。

見てみると張りが5分間隔でやって来ている!

自覚症状は無かったですが印刷された物を見ると、確かに結構頻繁に張ってたんだなあと思い知らされました。

朝10時 内診で子宮頸管18mm

子宮頸管(しきゅうけいかん)とは?

赤ちゃんが産まれる時に通って来る産道の距離(赤ちゃんの位置から外の世界までの距離)のこと。

普段は固く閉じてるけどお腹の張りや細菌の感染などいろんな要因でが短くなる。

週数に対して子宮頸管が短い場合は早産の可能性が高まるため安静などの処置が必要になる。

  • 1週間前の診察結果=35mm
  • 入院の基準=25mm以内
  • 今回の結果=18mm

完全アウトでした(´;Д;`)

車椅子で病室まで移動することになりましたが私が歩くよりも早く移動できるし快適でした。

入院開始

張り止めの点滴(ウテメリン、別名リトドリン)の副作用がやばい

1時間に20mlと少ない量なのに副作用がとんでもなかったです。

副作用
  • 動悸
  • 手の震え
  • 高熱っぽい感じ
  • 頭痛
  • めまい
  • 辛すぎて勝手に涙出ちゃう(大泣きレベル)

この張り止めの点滴始めるとみんな同じ感じらしいですよ〜!

ここ最近で1番辛かったけど、きっと出産すればこの点滴なんて大したことないんでしょうね(T_T)

ずっと一日中点滴しっぱなしの生活なんですが、2・3日すれば慣れて何も症状は無くなるとのことでした。

昼から点滴開始して、開始直後や移動した後は血の巡りが良くなったせいか、涙が止まらなくて大変でした。

横になって落ち着いてくると動悸・手の震え・たまに熱っぽい感じがあるぐらいで過ごせるようになりました。

旦那に感謝

正直入院する前は

まみこ
動くの辛いからもっと自分から進んで家事してくれないかな〜

とイライラすることがしょっちゅうありました。

産後も余計にイライラするんだろうな〜なんて思ってしまったり。

今日ばかりは家に入院グッズ取りに行ったり、追加で必要な物を買い出しに行ってくれたり等々…

数少ない有休を使って休んだのに

1日私のために朝早くから色々動いてくれて、

副作用で大泣きしてる時は何故か旦那も一緒に泣いてるし、

枕元ににあった安産守りをそっと入院バッグに入れててくれてたり。

今までイライラしてごめんなさいと思ってしまいました。

という事で、家族の愛や感謝はやっぱり離れて分かるものですね!

あなたもきっと入院したら家族の優しさ感じると思いますよ♡

いい感じになったのでここでまとめ

  • いつもと違う症状の時は病院で診察を受けましょう!
  • 通院前に一応入院グッズを持っていくべし!
  • 今のうちに家族に思いっきり甘えてしまおう!

いつもと違う症状の時は病院で診察を受けましょう!

結局電話の段階では問題無いと言われたけど、やっぱり診察でNSTや内診してみないとお医者さんも判断出来ないんだなあと感じました。

私自身も入院するほどだとは思って無くて、安静指導されて張り止め薬をもらう程度だろうと思っていました。

入院費はいくらになるか心配ですが

やっぱり入院すると毎日先生や看護師さんが様子を見に来てくれるから安心だし

張り止めのおかげでだいぶハリも無くなってきたし

ご飯食べてトイレ行って横になる生活だし、

家族は優しくしてくれるし

楽チンです。

主婦(ましてや子供がいる主婦)は何だかんだで動いてしまうものだと思うので、安静生活ってなかなか出来ないものだと思います。

お腹の赤ちゃんの為にも必要な安静生活なのでゆっくり休みましょうね!

通院前に一応入院グッズを持っていくべし!

入院準備はしてましたが、まさか入院するとは思ってなかったので通院の時には持って来ず。

旦那に一度帰って取りにいってもらう手間をかけてしまいました。

自分自身もすぐ手元に入院グッズがあった方が便利ですし、足りない物をすぐ伝えられるので当日中に必要な物の手配ができます。

私は下着一式入ってなかったので次の日が困りました(・ω・`)

今のうちに家族に思いっきり甘えてしまおう!

退院したり産まれたら入院生活のように至れり尽くせりではないので甘えてしまいましょう!

私は普段食べれないお菓子やジュースを買ってくるようお願いしてます( ^ω^ )

次回予告

  • 切迫早産の入院生活はどんなスケジュール?
  • 張り止め副作用の行方
  • 看護師さんの熟練度って結構影響ある
  • 総合病院の病院食は案外イケる(※病院による)
  • 病院って意外とエアコン効いてて暑いし乾燥しすぎ!

で、お送りしたいと思ってます icon-heart

【ブログ】入院生活は点滴との戦いだった(切迫早産入院2〜5日目)へ続きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください